≪予防医学と禁煙指導≫脳梗塞の予防にはまず禁煙だ

≪予防医学と禁煙指導≫脳梗塞の予防にはまず禁煙だ

近頃では禁煙指導や分煙化が行なわれたり、公の場では禁煙のところも気のせいか多くなってきた。
たとえば通勤や通学に用いる駅で、いままで煙から逃げるように電車を待っていた人にはうれしいルールである。
しかし愛煙家の人には少々居心地が悪く実感する場面もあるのかもしれない。

 

煙草(タバコ)の煙がもたらす害については、殆どの人がそれとなくでも熟知していることと思う。
健康によいと思って吸っている人はいないものである。
日本人の死亡原因の上位には、癌(がん)、心疾患、脳血管疾患が居並んでいる。
これらのどの病気にも煙草(タバコ)は関わってきている。

 

煙草(タバコ)を吸うと、血液中のコレステロールが増加し、いわゆるどろどろ血液となり、動脈硬化を悪化させてしまう。
動脈硬化は脳梗塞の危険因子の1つである。
またニコチンにより血圧がアップしてしまうのも、脳梗塞には良くない。

 

禁煙指導は、これらの病気に襲われないための予防医学の実践の1つである。
また、禁煙指導することで周囲の人の受動喫煙もやめることができる。
自分はもう長いこと煙草(タバコ)を吸ってきたから、いまさら禁煙しても遅い、などとあきらめて(開き直って?)いる人、そんなことはない。
禁煙して2から3年経つと、脳梗塞においてはその危険度が軽減できるそうである。
自分の身体の将来のためにも、また家族のためにも、予防医学を考えて煙草(タバコ)はきっぱりやめよう。
禁煙のためのニコチンガムやニコチンパッチなどが有る。
ニコチンパッチはドクターの処方が必須なので、ドクターに相談すると良いだろう。

page top