<花粉症の食事治療>東洋医学

<花粉症の食事治療>東洋医学

東洋医学で示した食物の性質、「熱」「温」「平」「涼」「寒」の5種類あった。
ここでは具体的におのおのの食材を気付く事により花粉症対策の食事治療が実践しやすくなるように細かく観ていこう。

 

「熱」や「温」は「温熱の食物」の事である。
つまり体の中から温めてくれる食物と云う事である。
具体的な食材としては、ねぎ、ピーマン、ニンジン、たまねぎ、しそ、れんこん、にんにく、ブロッコリー等の野菜。
もち米やじゃがいも、インゲン豆等の穀類、豆類。
肉では鶏肉と羊肉。
アジやフグ、サバやイワシやマグロやかつお、さんまやうなぎ、エビ等の魚介類。
りんご、みかん、桃、プルーン、栗、杏等の果物。
こしょう、からし、わさび、山椒やとうがらし等の調味料がある。

 

次に「熱温涼寒」どれにも属さない「平」の食物である。
白菜、大根、キャベツ、銀杏等の野菜。
白米、とうもろこし、あずき、さつまいも、ソラマメ、えんどう豆等の穀類。
肉類では牛肉。
あさり、さざえ、いか、アナゴ、カレイ等の魚介類。
ぶどう、いちご、レモン、梅、いちじく等の果物がある。

 

「涼」や「寒」の体の中から冷やす食物である。
ほうれん草、セロリ、トマト、きゅうり、なす、たけのこ、レタス、アスパラガス等の野菜。
玄米、小麦、そば、豆腐、納豆等の穀類。
肉類では豚肉や馬肉。
はまぐり、しじみ、カキ、カニ等の魚介類。
バナナ、スイカ、かき、なし等の果物がある。

 

この食材の性質を上手く活用して花粉症の症状を多少なりとも緩和(かんわ)出きる食事治療を心がけよう。

page top