便秘とマグネシウム

便秘とマグネシウム

便秘改善に役立つ栄養機能食品に「マグネシウム」がある。
栄養機能食品とは、人間の体を健康に成長させて成長させる為に必要なビタミンやミネラル等の栄養成分を体に補給、補完する食品である。
人間の食生活の中で特定の栄養成分を体に補給する目的の為に表示する事と定義されている。
1人あたりに1日に必要な摂取量にかんして国が定めた基準値以内のケースの場合は、その栄養成分の機能を表示出きる事に為ってる。
マグネシウムにかんしての栄養機能表示は以下の通りである。
「マグネシウムは骨や歯を形成するのに必要不可欠な成分で、体内にあるおおくの酵素のただしい働きを助けてエネルギー産出にも役立つものである。
また血液循環をただしい値でキープする為にも必要なものである。」
注意事項として「多量に摂取しすぎると、便秘や下痢等の症状を起こす事がある。
また乳幼児や小児への摂取は敬遠するようにすべきだろう。」と表示する。

 

マグネシウムの国の基準値、1日あたりの含有量は75から300mgである。
この基準値内であれば栄養機能食品として表示する事ができるのだ。
食品に表示する時に使用する栄養成分の基準値である栄養素等標準基準値は250mgである。

 

また同じく栄養機能食品である「ビタミンC」も健康キープに必要な栄養成分であり勿論便秘改善の為にも必要なものである。
ビタミンCの栄養機能表示としては「皮膚や粘膜を健康に維持する為に必要不可欠な成分で在り、抗酸化機能をもってる。」となる。
栄養機能食品として表示するための国が定めた1日あたりの含有量は24から1000mgである。
栄養素等標準基準値は80mgである。

page top