ワキガ手術の切開剪除法

ワキガ手術の切開剪除法

以下のワキガ手術法は「切開剪除法」である。
この切開剪除法は、ワキガ治療の中で効果が高い手術法であるとされている。
手術方法としては、ワキの下を切開して皮膚の裏側をひっくり返してアポクリン汗腺をドクターの目でキッチリと確認しながらとっていくものである。
ドクターが目で確認しながらとる方法な為、取り残しが少なくてワキガを完璧に除去して完治させる効果を待望出きる方法であるためである。

 

しかしこの切開剪除法で大事な事が1つ。
それはドクターの技術に当てにするところが大きいと云う事である。
つまり優秀で経験豊富なドクターによる手術と経験の浅い技術も足らないドクターによる手術では全くその効果がちがってくると云う事である。
アポクリン汗腺が皮膚の近い場所にあって除去する事が途方もなくむずかしいものな為、ドクターの技術に大幅に左右されるのである。
つまりいいドクターを見つける事が肝心なポイントとなるわけである。
手術を受ける前に絶対にドクターの技術にかんしては確認しておいた方が良いとおもわれる。
もう1つ、切開剪除法の短所として挙げておきたいのが手術後の事である。
ワキの下に切れ目を入れて手術する為、ワキの下に絶対に傷跡が残ってしまう事である。
皮膚を均一の厚みに切ると云う事は技術が必要である。
切りすぎて皮膚に穴があいたり、皮膚の裏側がでこぼこになると汗腺が残ってしまったりする等痛手を皮膚にあたえてしまう事がある。
酷い(ひどい)時にはその痛手に拠って皮膚が死んでしまう事もあるようである。
だかと云って遠慮気味にとったのでは、取り残してしまいワキガ症状が治らない事になる。
何回もいいるが技術が未熟なドクターの元でこの手術をしても意味がないのである。
切開剪除法でワキガ治療をしようとするのであれば、何件も病院をまわって信用出きる高い技術をもったドクターを探し求めるようにしたほうが良いとおもわれる。

 

ついでにこの切開剪除法で取り出すのは、ワキガを治療するためのアポクリン汗腺だけである。
ワキガだけではなく、多汗症の症状がある人のケースの場合はこれ以外の皮脂腺等は取り出せないからこの手術法以外の方法で実践するようにしてほしい。

page top