「恋空」ドラマと「君空」の比較

「恋空」ドラマと「君空」の比較

「恋空」もそうなのだろうが、「君空」は中学生には絶対に詠んでほしくないと思ったのだ。

 

シンナーや性行為場面、そして死の恐怖との葛藤。
どうしてこんなものを中学生に詠ませる必要があるだろう。
知らなくて良い内容で、気付くべきじゃない内容であるためである。
中学生が詠んだとしたら、考え方が大幅に変わる事も考えれる。
知らなくて良かった恐怖も実感するだろう。

 

閲覧者の年齢規制もなく、何人もが観る事が出きる場所にその小説があると云う事は恐い事である。
映画の年齢規制がなかった事も同じである。
記述する側、物語として流す側、どちらも詠む側の年齢を考慮すべきじゃないだろうか。
そして、内容にも配慮すべきだとおもうのである。

 

ただ、自身が深く愛したヒロと云う人が実在していた事、自身の肝心なヒロとの思い出を気付いてもらいたかったのだろうと云う気持ちはわからなくもないのである。
しかしながら、これから大人になっていく中学生に、あんな内容を詠ませる事に何の抵抗も実感しないのだろうか。

 

書き足されている部分も少なくないようであるし、赤裸々に何もかも記述するのではなく、どうして詠む側の事を考慮して内容を書き換えなかったのかとおもうと残念である。
美嘉も、それくらいの事は考慮される年齢には為ってるとおもえるからである。
ドラマの「恋空」ではそのような批判や非難がない事を願を掛けるばっかりである。
もしもドラマでもそのような内容があったりしたら、そのうちこそ抗議が殺到するだろう。

 

世俗に有益な話柄

page top